アベノミクスは成功か失敗か

アベノミクスと銘打った改革を始めてから、景気が良くなったという実感を持っている人はどれくらいいるのでしょうか。特に一般庶民に関しては、全く実感できない人が多いのではないかと思います。それは、増税に加えて円安による輸入品や原材料のコストが上がり、物価が上がっているからです。更に、大手の一流企業や公務員の場合は給料が上がっているのかもしれませんが、一般零細企業では給料はほとんど変わらず、ただ物価だけが上がって家計が苦しくなっているだけなのです。景気を判断する一つの目安となる株価は巡業に上昇しています。一時は1万円を割っていた日経平均株価が、なんと2万円を超えるまでになりました。ただ、株価上昇で恩恵を受けているのは、大量に株を所有している企業や投資家であり、株などに縁のない一般庶民には何の利益もありません。企業は企業で、一番苦しい時期を知っているので内部留保ばかりが大きくなり、社員に還元しようとしません。それどころか、利益を得るために社員よりも非正規雇用を中心に雇用している企業が大半です。その状態に追い打ちを掛けるかのように、派遣法を改正して派遣労働者をより使いやすいように制度を改正されてしまいました。富める者はますます裕福になり、庶民はより貧乏に、これがアベノミクスの実態です。カードローン審査

労働条件の選定は新社会人の自衛

以前、「労働条件ばかりを見る学生はいらない」という企業の人事の声を取り上げた記事を見かけた。

正直なところ、わざわざ表立って言うべき事ではないのだが、そんな段階にまで至ったのは、企業と新社会人の互いのすれ違いを重なり尽くした結果なのだろう。

かつて、具体的には今の40代世代が新人だった頃だろうか。バブルは崩壊したとはいえ、そこまで資本主義も行き詰っていない頃。この世代の人からは「新人の頃はバカをやったものだ」という声を聞いた。それも笑い話で。ある業界のラジオ番組だったので、そういう馬鹿をやったその人たち社会でそれなりの地位にいる。

神経質になっている今の社会なら新人がバカを1つやっただけで、一気に取り沙汰されてあっという間に周りは接触を避け本人は孤立してしまう。今の企業活動はそういう冷たさの中にあると感じる。

企業の空気になれる時間もない。簡単には成果が出なくなってきた企業活動の中で、次第に新人は適合するパーツかどうかで見られ、選別される。年功序列の崩壊はそういう意識を生んでいる。

そして、その環境の中で生まれたのがブラック企業体質と偏った価値観教育で洗脳する研修だ。それまでの基準と比較して明らかに劣悪な環境をさも当然のように刷り込む。そして、精神を病んでしまおうが価値観の偏りで次の職場で上手くいかなかろうが、何の責任も取らない。

そういったブラック体質や洗脳を行う企業の無責任さで苦しむ新社会人の声が情報社会で明らかにされたからこそ、新社会人になる学生たちは自衛意識を持つ。その行動の1つが労働環境の選定なのである。その選定活動に対して解きほぐす努力が出来る企業こそ、本当の意味で人財育成ノウハウを持ち日本を成長させる企業だろう。

労働環境の選定をまともに受け入れられない企業が多いうえにその改善を見込めないのであれば、日本の資本主義社会は一つの限界を迎えているのだろう。若者は企業に依存しない生き方を探し、その結果として結婚率も出生率も落ちる。しかし、日本が発展しなくても、それは日本の労働社会が作り出した一つの結果であることからは目を逸らす事はできない。

今後も日本の労働社会の賢明な判断を祈りたい。プロミス審査

あの盛り方は何なんだろう

現在の安倍政権、というか自民党政権に批判的なメディアや組織が長年多用してきた印象操作の手段として「デモなどの人数をものすごく水増しする」と言うのがあります。

数のサバ読みと言えば、例えば慎重169cmの人が170と自称するぐらいはありがちと思われますが、彼らのはそんなレベルではありません。

主催者発表と警察発表の差が二倍三倍に収まる事すら稀で、大体五倍から十倍がデフォ、ひどい時にはもっとハネ上がります。

今回の安保に関して言えば主催者発表は10万人、警察発表は6~7000人ですからいつもより多め、ぐらいでしょうか。

警察側には数字を少なく発表する理由はなく、デモ側には大きな数字ならインパクトが得られるという利点があるため、やはりデモをする集団の代表が数字を盛っていると見るべきでしょう。

しかしいったいどんな計算で人数を数えているんでしょう?

おそらくこう言った数字の原点は、かつてあった日米安保などの学生運動が社会全体に波及した「成功体験」を忘れられない人、あるいはそれを「信仰すべき神話」として教えられている人がいると言う事にあるのではないでしょうか。

当時は一回のデモで本当に10万単位だったようですから。

しかし今や、万単位の人波と現在のデモの空撮の比較などそこらのサイトで簡単に出来るんですよね・・・。キャッシング専業主婦

大韓民国の大使館に抗議が入っていた

政治的なことをいえば、このまえ大韓民国の大使館らしきところの前に車が止まって、ある男がマイクで抗議をしている場面に遭遇しています。内容はよくわからないものの、韓国人のような名前を出して、日本の足をひっぱるななどと言っているところでした。それをやったいたのが日曜日だったため、大使館は休みではないのかと思ったり、関西弁で話していて真剣に話しているのが傍からみておもしろく聞こえたりしました。おもしろい場面ではないものの、関西弁のイントネーションがおもしろく、ちかごろまともな関西弁を話さなくなったため、一昔前を思い出せるような気がします。近くにはけいかんがいるものの、その抗議を止めるということはしないようです。そういう意味では政治的な発言はしてよいということです。何があったのかについてはわからないものの、言われているほうは耳が痛いはずです。もしも大使館の中で話を聞いていたとして、外でマイクで大声で話されたら対処しづらくなる、政治に熱の入った人たちだから余計に説得するのは難しくなります。大韓民国の大使館に抗議が入るのは見かけないことで、どういう内容のことで抗議しているのかがポイントになってきます。主婦キャッシング

自転車の法律改正について

自転車の交通規則違反に対して罰則規定が6月から実施されることになったようだが、まだまだ違反をして自転車に乗っている人がおおいようだ、昨日のTV番組で自転車の法律改正のことについて取り扱ったものがあったが、交通規則を知らないで乗っている人がかなりいるようだ。また自転車専用道路も狭く、そこを走るのは車にぶつかる危険性があるので、歩道を走るしかないと言っていた人もあった。確かに狭い道路を自転車で走るのは危険を感じる。なかには自転車用道路の標識が道路によって違っているのもあるとのことで、ある。例えば歩道に青くぬった通路があるので、自転車が通っているのがみられるが、その通路は歩行者用の歩道であり、自転車は車道をとおらなければならないようになっているとのこと。

 自転車を乗るひとは交通規則をまもらなくてはならないが、自転車には運転免許がないし、気軽に乗るため、人によっては交通規則を知らないようだ。自転車の交通規則については、高校生のマナーがあまりよくないので、」学校で自転車の規則なり乗り方の講習を定期的に行ってもらいたいものである。

 自転車がよく歩道を走っているのを見かけるが、これなどは車道を走るのを危険と感じるためでもあるので、道路を広げるのには時間と費用がかかるのだろうが、なるべく自転車を利用しやすい道路を作ってもらいたいものだ。
在籍確認なしカードローン

お金がない時に使える現金収入の増やし方

ちょっと前まではゲーム、漫画などが趣味だったので、膨大な数をコレクションしていました。

自宅にスペースがあるような広い間取りだったことも手伝い、どんどん増えていったんですよね。

ただ、最近では訳あって金欠気味な日々が続いているため、少しずつ大事なコレクションを売りさばくようになっていったんです。

とりあえず手元にあるものを売れば、まとまった現金が手に入るので金欠にはありがたい存在です。

売るときには買取店に持っていくのではなく、できるだけオークションで手間暇をかけて出品する方が価格的に見れば高額になります。

その分、写真撮影や落札者とのコミュニケーションがありますが、だんだん慣れてくると事務的に対応するのもそんなに面倒ではなくなるんです。

オークションにコレクションをどんどん売るようになってからというもの、ぽつぽつですが現金収入が入り続けてくれたので生活費の足しにしています。

いずれコレクションがなくなった時にはまた貧しい生活に逆戻りをしてしまうので、それまでになんとか金策も考えておかなければなりません。

寝る間も惜しんでよさそうな副業を探している最中ですから、そっちの方面で活躍できるように頑張っていきたいです。在籍確認なしカードローン

投資は仕組みを理解することが必要です

今は、貯蓄から投資へという流れを推進しようとする雰囲気が感じられます。しかし、投資というものは、仕組みをよく理解した上で始めないといけないといえます。

たとえば、FX取引などは、少ない自己資金から始められることをしきりにアピールしています。しかし、それに伴うリスクなどについては、具体的にかかれていません。そんなことから、仕組みやリスクなどについて十分に理解しないままFX取引を始めてしまう人が多いと思われます。

また、株や投資信託についても、将来のインフレ対策とかいった言葉で語られることが多いです。そして、なんとなく必要かなあというくらいの気持ちから始めてしまう人も多いのです。株や投資信託もFX取引と同様にリスクを伴うものです。そして、その仕組みについてもきちんと理解しておくことが必要になるでしょう。

こういう時に大切なのはわからないものには手を出さないという気持ちです。投資を始めようと思ったら、そのくらいに慎重であることが求められるのです。安易な気持ちでブームに乗って投資を始めるとうまくいかないことが多いでしょう。

また、失敗した時に耐えられるだけの経済的な余力があることも必要です。これがないままに投資を始めることはリスクが大きいと思われます。即日キャッシング

家計管理ができない主婦

専業主婦ですが、家計管理がうまくありません。お金を稼ぐことは苦手ですが、お金を使うのは人一倍好きなのです。それでも自分のためにお金を使うのは心苦しいところもあるので、おもに主人のためにお金を使っています。ちょっとお高いお刺身やカニでも、主人が欲しいと言えば買ってしまいます。働いているのは主人ですし、その主人に我慢させるなんてできないのです。かなり浪費するわけではありませんが、小さいちょっとした贅沢がつもりつもって家計を圧迫しています。毎月、3万円から5万円は赤字になっています。でも、その翌月の給料で補てんをしますが、また3万円から5万円の赤字ができています。つまり赤字補てんをしても、また同じ金額の赤字を作ってしまっていることになります。ある時、主人にいってみました。『毎月赤字になるけれど、補てんして、また赤人いなるんだったら、一応給料の中でやりくりできてるってことだよね』と。優しい主人も、これには苦笑いです。『そんなわけないだろう』と一言だけ言われました。そんな我が家も住宅ローンを抱えることになりました。頑張って節約して繰り上げ返済しようと思ってはいるものの、なかなか思うように行きません。いつになったら完済できるのか、少し不安になってきました。キャッシング審査

時間に余裕ができたけれどお金の余裕がなくなりました

定年退職を迎え、年金生活になると現役時代以上に節約を心がけるようになります。電気代節約のためにエアコンのフィルター掃除を小まめにし、窓ガラスには遮熱シートを張って冷房効果を上げる事も行いました。

通信費削減のために、ネットは携帯を使わずにパソコンから固定通信で行う事を徹底したりもしました。衣料品も新たな物を購入する前に、収納を整理し、購入したものの使わぬままにしていた物を活用する事も徹底しました。

更に家のメンテもDIYで可能なものは自分で行う様にもしました。節約を考えると色々とアイディアが出て来るもので、現役時代にいかに無駄遣いをしていたかを思い知らされました。

こうした生活を続けていたら、少しは預貯金もできたろうにと思います。しかし、実際には収入に見合った生活に膨らんでしまう事は仕方ない事で、どんなに収入があっても節約を徹底していては、人生で楽しむと言う時間が持てないです。

お金はある意味、使うためにあるもので、必要以上の贅沢はしなくても、少しは無駄な部分がある事も必要なのです。

年金生活になって、お金を無駄に使う事は出来なくなりましたが、時間は十分にあり、あくせくとしなくても良いと言う心の余裕は持てるようになりました。

本当はこんな時に、お金があればもっと楽しめるのですが、人生とは皮肉なものですネ。即日キャッシング

安保法案はもっと慎重に議論してほしい

安保法案をめぐって、自民党と野党が議論をしているニュースをよく見ますが、極論を持ち出して相手をやりこめようとする野党と、言葉を濁して適当にかわそうとする自民党のやりとりがとても残念です。野党はすぐに、安倍首相が右翼に近い考え方で、戦争をしたがっている、と決めつけるし、なぜか政治に関係ない文化人の有名な人が「戦争はいけない」とメッセージを発表したり、そんなことばかりするのはもうやめてほしいです。もっと、お互いの話ちゃんとを聞いて、相手が何のために、何をしたいのか、考えてほしいと思います。

ドナルド・キーンは太平洋戦争に米軍として参加し、日本のいけないところをたくさん知っていても、それでも日本と言う国、日本人、日本の文化が好きで、日本に移住し、日本の文化を世界に広めてきた人ですが、「日本は素晴らしい国で、日本国憲法は素晴らしい憲法です。」と言った上で、戦争はしてはいけない、と言っていましたが、そういう話を聞くと、納得して共感することもできます。でも、今の野党の言っていることはとにかく相手が悪いと決めつけて攻撃しているようで、全然納得できません。そういう議論ばかりなので、ニュースを何度見ても、安保法案自体についてはよく分かりません。ほとんどの人が分かっていないのではないでしょうか。そういう状態の時には、採決を急がず、議論を徹敵的に慎重にしてほしいと思います。消費者金融審査勤務先

マイナンバー制度で本当に巨悪脱税が見つかるか?

ほとんどの国民が知らないうちに、マイナンバー制度が導入されていました。

数年前にもあった住民基本台帳の時も、かなり大がかりな税金を使ってほとんどの国民が

利用していないようなことがないようにしてもらいたいものですが、今回も期待薄です。

そもそもマイナンバー制度は、導入目的の中でも最大なものの1つとして脱税対策があると

言われています。

マイナンバーで個人や家族などの通帳までを管理することによって、脱税などを見つけることが

出来ると言われています。

しかし、何億という一般国民の通帳チェックをしてなんのメリットがあるのでしょう?

脱税と言えば、一般国民はそんなことをする余裕はありません。

むしろ、大企業や裏の社会などの方が金額も多く、狙って脱税をしていると言われています。

実際にそうなのでしょう。

そういうところからしっかりと税を取っていくのであればいいのですが、

その方法は、マイナンバー制度ではないはずです。

マイナンバー制度はあくまで個人情報の管理であって、脱税を見つけるための物では

ないはずです。

小さな庶民のミス探しになってしまう危惧を感じています。

脱税は脱税でしっかり見つけてもらって、まるでスピード違反のネズミ獲りのように

庶民の口座チェックなんてことはしないでもらいたいと思います。

そんなことにマイナンバー制度を使うだけなのであれば、マイナンバー制度は不要でしょうね。カードローン即日

手軽さを併せ持つ借金

クレジットカードはいわゆる借金で、後に返済するのを前提に発行され使用するものである。しかし、最近はカード破産などという言葉もあるようにクレジットカードとキャッシングが一体化されてるものも多く、目に見えない分ついつい使いすぎてしまい、支払いという返済が出来ずに手軽にキャッシングしてどんどん借金だけが膨らんでいく。

自身もクレジットカードを使用しており、使用するシーンはガソリンの給油と携帯電話代、稀に利用するネットショッピングの支払いに自ら限定している。というのもデビットカードと違い、給料日を越えて口座残高に余裕のあるときに支払いできるという強みももちろんある。金銭の余裕がないときは非常に助かるものである。

しかし借金は借金なわけであり、クレジットカードの使用から支払いまでを借金だと感じることなく使用する人が多いのはなぜだろう。

借金は人を狂わす。借金だと感じることが出来ない人はクレジットカードを使用する資格はないと個人的には思う。そしてクレジットカード会社も借金であることをもっと前面に押し出していくべきだと考える。クレジットカード会社も何故魔法のようなカード1枚で人生を狂わす人が出てきても黙っていられるのだろうか。

クレジットカードでの借金があるから家計がうまくまわらなかったり、毎月の支払いという名の借金返済でいらぬ出費があるのも否めない。個人的には手軽に借金のできるクレジットカードはやめたくてもやめれないのが実状だったりする。知っているとお得です。テレビのCMでも有名なプロミス審査を利用する最大のメリットは「安心感」です。

ギリシャの国民投票について

ギリシャで7月5日に欧州連合から要求されている緊縮策の賛否を問う国民投票が開催されます。記憶に新しいのは、国民投票ではないですが、大阪都構想の投票を思い出しました。結果は僅差で都構想は否定されましたが、若い人は賛成を投じていて、高齢者は反対をしていたことがわかっています。長く住んでいた人ほど現在の暮らしに満足していて変化を望んでいないことが背景にあります。

今回のギリシャの国民投票ですが、事前の調査でもかなり拮抗しています。チプラス首相は反対を投じるように国民に訴えていますが、緊縮策を否定した場合はユーロ圏からの離脱も現実を帯びてきます。今までかろうじて一枚岩だったヨーロッパの足並みが乱れると、隣接するロシアとの争いが始まるかもしれません。逆に賛成が多数をしめた場合はチプラス首相が退陣して、総選挙になり、新しい首相が決まるまで国内の混乱が予想されています。

ギリシャの人々は先日の銀行ATMの貸し出し制限で暮らしていくのも困難な状況になっています。この中で国民投票を実施することが本当に暮らしに役立つことになるのか疑問が残ります。先の大阪都構想でも残ったものはほとんどなく、結局は無駄な税金を使っただけの気がしています。

5日にどういう結果になるのか注目しています。即日キャッシング

マイナンバーでトラブルが多くなりそうです

マイナンバーがトラブルになりそうですね、ただでさえセキュリティが不安な物で海外では成りすましや乗っ取りなどで多くのトラブルや被害などが出ているそうです。このまま進めば銀行の預金がいつの間にか消えていたり年金が無くなったり知らない間に借金が増えていたりなど多くのトラブルが多発しそうですね。政府はしっかりとした実験などしたから導入するべきなのではないか思いますが強引に推し進めそうですね。マイナンバーのメリットよりもデメリットが増えそうな気がするのは多くの人が感じているのではないかと思われるのですがこの辺はどう考えられているのでしょうか。年金の問題でも毎日のように放送されています、強固なセキュリティを導入したところでも運用する人間がしっかりとした人間でないとこのような問題は次から次へと出てきそうです。年金の問題でも被害を処理するのは年金からだそうですね、またこれで年金の信用が無くなったと感じるのは多くの人でも思っているのではないでしょうか。信頼できる第3企業に委託をして天下りなどのずさんな運用を無くし信用を上げることをしてほしいと思うのは、日本国民では思っていると思いますが変わらないですね。フリーローン審査

ブラックになることにより、お金が借りにくくなります

ブラックとはどういうことを言うの?

ブラックというのは、申し込みブラックというところから来ています。つまりはカードローンの審査を申し込んでも審査が通らない人のことを言います。どこのカードローンに申し込んでも審査に通らないことになります。

なぜそのような状況になるかというと、信用情報の中のブラックリストに名前が記載されているという理由があるからです。でも本来はブラックリストというものは存在していないのです。

信用情報の重要性

信用情報の中に、どのようにしてお金を借りてきたかということが全て入っています。もちろん、いくらをどこで借りたのか、そして何度延滞をしたのか、現在の借金総額はいくらなのかなどの情報を知られていることになります。

延滞を何度もしたり、今現在でも何社からもお金を借りている人にお金を貸すという会社は、まずありません。そうならないためにもきちんと返済をすることが必要なのです。そこで会社との信頼関係を築くことが出来ます。

自己破産歴にも厳しいです

自己破産歴においても、信用情報に記載されていることになります。この状態の場合でもお金を借りることは無理でしょう。こういう履歴があるということは、この人から過去に不利益を被ったということになります。

そのような人にはお金を貸せないという当然の理由があります。こういったことにならないように、自分の返済出来る額をきちんと計算してから、お金を借りることが必要なのです。