後を絶たない不当表示、ABCマート問題

靴の製造販売会社「ABCマート」で、チラシの表示価格が不当であったとしてニュースになっています。
プライベードブランドで製造した靴をメーカー品であるかのように見せかけ、あたかもセール品であるかのように安く表示していたとのこと。
安価で良い靴が手に入ることが多いため、私も時折「ABCマート」を利用しています。
自分が頻繁に訪れる店で、このような不法行為が行われていることを、とても残念に感じます。

しかし、不当表示の問題は「ABCマート」に限ったことではありません。
以前仕事でECサイトに関わっていたことがあります。ショッピングモールでしたが、数々のショップが、このような不正を働いており、指導などの対象になっていたのを思い出します。不法と認識して行う店もあれば、そうではない店もありますし、規模も様々。しかし、いずれにせよ、やってはならないことです。

星の数ほどもある小売店やオンラインストアの全てを監視することは不可能です。ならば、このような行為をした場合の罰則を厳しくするなどして、意識づけをしていくしかないように感じています。
商品自体が安ければOKというわけではありません。チラシに書かれていることが事実でない、というのは、嘘を付いている、ということになります。
そういうことがない世の中であってほしいと思っています。消費者金融 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です