Archive | 4月 2015

金融機関により、必要なものが変わってきます

お金を借りる時に、必要なものについて

お金を借りる時に必要なものとしては、本人確認書類や印鑑、そして収入証明書などです。本人確認書類ついては、運転免許証やパスポートなどになります。出来るだけすぐに本人と分かる証明書が必要になってきます。

複数の身分証明書があることにより、審査に通りやすくなる場合もあります。やはり怪しい人にはお金は貸せないということは、どの金融機関においても言えることなのです。本人の確認がしっかりと出来れば、お金は借りやすくなることでしょう。

金融機関によって必要なものが変わります

ここからお金を借りたいという思いを持っても、その金融機関によって、更に追加で必要なものが出てくることもあるのです。例えば郵便物など、現在の住所を示すものなどが要ることも実際にあります。

自分が利用したい金融機関において、お金を借りる時に必要なものは、事前に調べて揃えておく必要があります。

いざという時に慌てないために

この金融機関でお金を借りたいということだけを決めていても、いざという時になって書類などが足らなくて慌てることも、結構多いことなのです。すぐに用意出来るものであれば良いのですが、取り寄せるというようなことになると、お金を借りるために時間を割かれる事になりかねません。

早い段階で何が必要なのか、必要なものを把握して用意をしておくことが大切になってくるでしょう。自分にとってなぜこれが必要なの?と疑問に思うような時には、直接金融機関に質問をしてみてもいいですね。

銀行でどうやってお金を借りるのか

銀行からお金を借りる場合

銀行からお金を借りる時には、カードローンとして借りる場合と、大口ローンといして借りる場合があります。カードローンについては、借入目的は自由ということから柔軟性があります。

そして審査についてもスムーズに通ることが多いです。そのため融資のスピードも早めですから、早くお金を手元に欲しいという人でしたら、銀行のカードローンを借りる方が良いかもしれません。

大口ローンの利用

大口ローンというのは、本来は借入目的が明確である必要性があります。例えば住宅ローンを組みたいというような時には、大口ローンということになるのです。これについては多額になってきますので、どうしても審査が複雑なものになります。

審査が複雑ということは、その分どうしても審査に時間がかかることになるのです。以前の銀行からの融資は、大口ローンというもののイメージが強かったと思います。

でも今はカードローンとして、銀行からお金を借りることもとてもよくあることになってきているのです。

銀行カードローンの良いところ

良いところとしては、口座開設をする必要が無いところや、借りたお金の用途によって、審査に響くというようなことが少ないところです。更には提携コンビニATMにおいて24時間、簡単にお金を引き出すことが出来るのです。

こんなに簡単に銀行からお金を借りることが出来ると、思っていなかった人も結構多いようです。銀行のカードローンは審査が厳しいともいいますが、銀行によっても違ってきますので、一度トライをしてみてもいいのではないでしょうか。

お金を借りる方法は思っているよりもたくさんあります

お金を借りる方法にはどんなものがあるの?

お金を借りたいというように思った時、その方法について知っておけば、慌てずに対応することが出来ます。お金を借りる方法ですぐに思い付くのは、キャッシング会社ではないでしょうか。

でも、他にもお金を借りる方法はあります。銀行でお金を借りる方法もあります。そして国からお金を借りるというような方法もあるのです。これについては、日本政策金融公庫などを利用して、借りることになります。

他にもお金を借りる方法があります

クレジットカードにもキャッシング枠がある場合がありますので、そこからお金を借りるという方法もあります。他にも出先で財布をなくして困っているような時には、交番で借りるというような方法もあるのです。帰りの電車賃などが無くて困っているような時には相談をしてみるといいでしょう。

担保にして借りる方法

家を担保にしてお金を借りる方法や、土地を担保にして借りる方法などがあります。個人が持っている財産の上でか価値が高いとされている家や土地を担保にしてお金を借りるということも可能です。

でもそれにはそういった資産を持っていることが必要になります。持っていないものを担保には出来ないことになりますので、資産がある人でしたらこういう方法もあるということなのです。

生命保険に入っている人でしたら、そこからお金を借りることも出来るかもしれません。一度問い合わせをしてみるのも良いですね。思わぬところから借りることが可能というようなことも、実際にあるかもしれません。

その言い訳は本当に通じますか?

お金を借りる時には色々な言い訳ができます

お金を借りたいという時に、言い訳をしたいという時もあるのではないでしょうか。ではどのような言い訳なら、周りの人が納得してお金を貸してくれるのでしょう。例えば財布を落としたというような言い訳が一番怪しくありません。

誰もが一度は経験するような内容だからです。その中には大切なカードがたくさん入っていて…というように言われると、それならお金を貸してあげようかな…と思う人も出てくるのではないでしょうか。

冠婚葬祭を理由にする

今月は葬式や結婚式が重なってしまって…というように聞けば、それは大変だね、大丈夫?というようにして、親しい人ならお金を貸してくれるかもしれません。もちろん○月○日には返すから、と親しき仲にも礼儀ありできちんと借用書を作ることは必要かもしれません。

結婚式が重なると、お金がかなり必要になるということは、社会人であれば想像しやすいことですから、言い訳としては特に疑われることもなく成り立ちそうなことですね。

もしも言い訳がばれたら?

でも、もしもそれが言い訳だったということがばれた時には、信頼関係を失うことになります。そう考えると友人や知人に言い訳をしてお金を借りるということは、本来は難しいことかもしれません。

そしてお金を借りたことにより、引け目を感じるようなこともあるでしょう。1度お金を借りたことにより、友人との仲がギクシャクするようなこともありますので、気を付けなければいけません。

審査基準を知っておくことが必要です

審査基準を知っておきましょう

お金を借りることが出来る場所は、たくさんあります。銀行や農協、キャッシング会社などでお金を借りることも可能です。でもこれらの場所においてお金を借りる時には、審査があることがほとんどです。

そして審査に通ることにより、お金を借りることが可能になります。審査基準というものについては、金融機関によって違ってきます。そのため、自分が今後借りるかもしれない金融機関の審査基準を調べておくことが大切なのです。

基本的な審査内容

審査基準は金融機関により多少の違いは出てきますが、審査内容というものについて、ほとんどの金融機関は同じ場合が多いです。まずは勤務先についてのこと、そして居住地について、家族のこと、そして現在の債務状況などが関係してきます。

勤務先については、勤続年数が長いほどお金を借りやすくなる場合が多いでしょう。勤続年数が1年未満ということになると、審査に通りにくくなるということもあるのです。

現在の債務状況

現在の債務状況については、年収の3分の1以上の債務がある人については、審査に通ることが出来ません。これは総量規制でカットされてしまうからです。現在の債務状況を理解して、お金を借りられるかどうかを自分である程度判断出来る場合もあります。

でも、自分では「これでは審査に通らないだろう」と思っていた人でも、審査に通ることもあります。そのためある程度の審査基準を自分がクリアしているかを把握した上で、審査について金融機関に相談をしてみると良いかもしれません。