Archives

その言い訳は本当に通じますか?

お金を借りる時には色々な言い訳ができます

お金を借りたいという時に、言い訳をしたいという時もあるのではないでしょうか。ではどのような言い訳なら、周りの人が納得してお金を貸してくれるのでしょう。例えば財布を落としたというような言い訳が一番怪しくありません。

誰もが一度は経験するような内容だからです。その中には大切なカードがたくさん入っていて…というように言われると、それならお金を貸してあげようかな…と思う人も出てくるのではないでしょうか。

冠婚葬祭を理由にする

今月は葬式や結婚式が重なってしまって…というように聞けば、それは大変だね、大丈夫?というようにして、親しい人ならお金を貸してくれるかもしれません。もちろん○月○日には返すから、と親しき仲にも礼儀ありできちんと借用書を作ることは必要かもしれません。

結婚式が重なると、お金がかなり必要になるということは、社会人であれば想像しやすいことですから、言い訳としては特に疑われることもなく成り立ちそうなことですね。

もしも言い訳がばれたら?

でも、もしもそれが言い訳だったということがばれた時には、信頼関係を失うことになります。そう考えると友人や知人に言い訳をしてお金を借りるということは、本来は難しいことかもしれません。

そしてお金を借りたことにより、引け目を感じるようなこともあるでしょう。1度お金を借りたことにより、友人との仲がギクシャクするようなこともありますので、気を付けなければいけません。