Archives

ブラックになることにより、お金が借りにくくなります

ブラックとはどういうことを言うの?

ブラックというのは、申し込みブラックというところから来ています。つまりはカードローンの審査を申し込んでも審査が通らない人のことを言います。どこのカードローンに申し込んでも審査に通らないことになります。

なぜそのような状況になるかというと、信用情報の中のブラックリストに名前が記載されているという理由があるからです。でも本来はブラックリストというものは存在していないのです。

信用情報の重要性

信用情報の中に、どのようにしてお金を借りてきたかということが全て入っています。もちろん、いくらをどこで借りたのか、そして何度延滞をしたのか、現在の借金総額はいくらなのかなどの情報を知られていることになります。

延滞を何度もしたり、今現在でも何社からもお金を借りている人にお金を貸すという会社は、まずありません。そうならないためにもきちんと返済をすることが必要なのです。そこで会社との信頼関係を築くことが出来ます。

自己破産歴にも厳しいです

自己破産歴においても、信用情報に記載されていることになります。この状態の場合でもお金を借りることは無理でしょう。こういう履歴があるということは、この人から過去に不利益を被ったということになります。

そのような人にはお金を貸せないという当然の理由があります。こういったことにならないように、自分の返済出来る額をきちんと計算してから、お金を借りることが必要なのです。