Archives

金利がどのくらいかの把握が必要です

お金を借りることでかかる金利

本来は、お金を借りることにより金利がかかることになります。これは利子と同じ意味ととらえても良いでしょう。でも利子というのは抽象的な観念ですが、金利というものは、現実の資金一番において具体的なものになります。

この金利をきちんと理解した上で、お金を借りることが必要になってくるのです。例え友人や知人からお金を借りる時でも、金利を貸す側が要求する場合も多いでしょう。そういう時にはトータルしたら自分はいくらお金を返すのかを、最初に把握することが大切になります。

金利を確認してから借りる場所を決めましょう

金利を確認することなく、お金を借りる場所を決める人もいますが、それによって結果的にかなり多額の利子を払うようなことになりかねませんので、まずは金利について調べておくことが必要になります。

でも以前でしたら金利の上限はもっと上でしたが、出資法の上限金利が20%に引き下げられました。そのためそれ以上の金利ということになると、そこで借りることは、出来ればやめておいた方が良いことになります。

利子を払うだけで元本が減らないような生活を送ることになりかねないからです。

最初の1週間が金利無しのローン会社も

最近では、最初の1週間は金利無しでお金が借りられるような場所も出てきました。こういう場所でお金を借りるのでしたら、1週間以内に返せば金利は0円ですから、とてもお得ということになります。

短い期間にお金を借りるということでしたら、こういうサービスがあるところでお金を借りた方が良いですね。